会社情報

会社概要

沿革

  • 2019年春 コアメンバーと株式会社フェリシモとの事業構想開始
  • 2019年10月 株式会社フェリシモからの出資を受け、株式会社W設立
  • 2020年10月 オープンイノベーションモデルを活用した、戸建て賃貸住宅「誰かのための家」がグッドデザイン賞を受賞
  • 2021年10月 廣岡・吉田・藤木がプロジェクトを立ち上げ、ピークスタジオがディレクター・デザインを担った「武蔵新城のエリアリノベーション」がグッドデザイン賞を受賞

社名について

W

ワット

熱量をあらわす単位のひとつ。

語りだすと体温が2℃あがるようなストーリーを持った熱量が高い人たちと、しあわせのあかりを灯していく。

X , Y , Z ,  W

変数の記法。

既存の3次元の世界の先にある、新たな次元のしあわせ領域への挑戦・創造の決意。

X=社会・Y=お客様・Z=パートナーに続く新たな存在としての我々「W」。

新しく 美しい文化の創発・浸潤のプロセスへの挑戦。

伝統的な社会、あるいは、個人が当たり前としていた文化・価値基準(v)に対し、

新しい価値観(w)を提示することで、ゆらぎを生み、当人の価値観(v+w)を再構築していく。

メンバー

代表

戦略・新規事業開発 コンサルタント

廣岡 大亮

神戸出身 神戸大法学部卒

新卒1期生として(株)シグマクシスに参画。経営戦略策定、新規事業開発、M&Aを中心に携わりながら、社内イベントの企画・運営も担う。約1年半の育児休暇を活用し、街づくり(川崎市武蔵新城エリアのビジョン策定・実行支援など)や、スモールビジネス支援に携わったのち現職。3児の父。神戸大学非常勤講師、(社)凌霜会 代議員。

コアパートナー

ストラテジスト

株式会社三茶ワークカンパニー 代表取締役

吉田 亮介

埼玉出身 横浜国立大学院工学府卒

建築デザイン・不動産を手掛けるUDSに入社するもリーマンショックのあおりを受け、半年で倒産。その後、(株)シグマクシス・事業会社にて各種戦略策定、新規事業の立ち上げに従事。2017年独立。現在はコーポラティブな場づくりの仕組み化・事業化のため、各種プロジェクトを展開。


アーキテクト

ピークスタジオ 一級建築士 事務所共同代表

藤木 俊大

福岡出身 東北大学院工学研究科卒

山本理顕設計工場入社。よこはま動物園新施設ほか、国内外の公共施設等の設計を担当。2015年独立。2018年竣工の南三陸町役場庁舎をはじめ、現在国内外でプロジェクトが進行中。自社オフィスでは、地域コミュニティ醸成のために事務所を地域に開く活動をしている。2020年日本建築学会作品選集新人賞受賞。